何をしても痩せなくてツラい人は... ⇒コチラ

【タニタの体重計】iPhoneアプリ『ヘルスケア』と連動させたデータ管理が楽!

iPhoneアプリ_ヘルスケア_公式サイトキャプチャ

SHARE

タニタの体重計・体組成計はどんどん進化していて、測定したデータをスマホと連動させるアプリも色々と開発されてきています。

なかでも、タニタの体重計・体組成計は、iPhoneユーザーには嬉しいことに、Apple純正アプリの『ヘルスケア』とデータ連携ができます。

そこで、ここでは、タニタの体重計・体組成計で測定したデータを、iPhoneアプリのヘルスケア内で管理することのメリットや、対応機種について調べてみました。

タニタの体重計と連動するiPhoneアプリ『ヘルスケア』

ヘルスケアは、iOS8.0以降のiPhoneに対応したアプリです

タニタの体重計・体組成計で測定したデータを保存し、なおかつグラフや時系列で見ることができるので、ダイエットやトレーニングの継続管理をするのに最適です。

毎日、体重を欠かさず測定しても、数値を記録しておかないと、ダイエットの評価をするのは難しいことですよね。

かといって、

「ノートにこまめに記入するのは、ちょっと面倒くさい…」

と思ってしまいます。

忙しいと忘れてしまうこともありますし。

ちなみに私は、家計簿同様、体重測定の結果も記録していくことが不得意。

Excelを使ってわかりやすくしている方もいると思いますが、私のような機械音痴は、残念なことにそれすら苦手なんです。

そこで見つけたのが体重計・体組成計と連動できるアプリです。

私はiPhoneを使っているのですが、タニタの体重計・体組成計はiphoneのヘルスケアに連動できるということで、使わない手はないという結論に至りました。

iPhoneアプリ『ヘルスケア』の使い方はとても簡単

ヘルスケアアプリの使い方はとても簡単で、タニタの体重計・体組成計で測定したデータをBluetooth通信でiPhoneのヘルスケアへデータを送信するだけ

送信されたデータは、ヘルスケアアプリを開くとグラフや表として表示されます。

iPhoneのヘルスケアアプリ自体も、日々の歩数を記録したり、月経周期を登録しておくことで、体調管理のアドバイスコメントが表示される機能があります。

そこにタニタの体重計・体組成計からのデータも保存できるので、より健康管理に役立つアプリとなっています。

iphoneのヘルスケアは、1日ごとの測定データを週や月単位でグラフにもしてくれるので、ダイエットの進行具合やトレーニングの成果などをわかりやすくチェックできます。

ダイエットに関して言うと、

  • 体重は落ちているものの体脂肪率が思うように減らずに隠れ肥満になってしまう

そのようなことも、グラフでデータを見れることで早く気づくことができます。

iPhoneのヘルスケアと連動できるオススメ体重計・体組成計3選

iPhoneのアプリ『ヘルスケア』と連動できるタニタの体重計・体組成計は次のとおりです。

1.RD-911デュアルタイプ体組成計

左右部位別に測定できるタニタの最高峰モデルです。
高周波、低周波のデュアル測定によって高精度な測定が可能となっています。
グリップを握って測定し、全身と別に体幹、右腕、左腕、右脚、左脚の部位ごとの筋質点数や筋肉量、体脂肪率が測定できます。

2.RD-906体組成計インナースキャンデュアル

国内メーカーでは初めてのBluetoothV4.0対応の体重計・体組成計です。
50g単位で測定できるのでこまかなデータを管理することができます。
推定骨量や体水分率まで測定できるので、ダイエットに励む方も健康管理をしたい恒例の方にもオススメです。

3.RD-802体組成計

iPhoneヘルスケアだけでなく、以下の4つのアプリともスマホ連動できます。

  • シェイプアップ応援ゲームねんしょう!for girl(iphone/Andoroid)
  • イケメン育成ダイエット-ふとしの部屋(iphone)
  • ランニング応援ゲームねんしょう!2+(iphone)
  • 女性のリズム手帳(iphone)

測定項目が過去最高の26項目となっているので、自分の体の組成について細かく知ることができます。

iPhoneのヘルスケアを利用して健康的になろう

タニタの体重計・体組成計と連動できるiPhoneアプリの『ヘルスケア』は、正しくダイエットやトレーニングを続けていくためにとても有益なアプリです。

なにより

「体重を毎日記録する手間が省ける」

のは嬉しいことです。

やみくもにダイエットやトレーニングをして、経過を評価していないと健康を害してしまう可能性もありますから、iPhoneユーザーであればヘルスケアを使わない手はないと思います。

日常生活の一部となっているiPhoneをタニタの体重計・体組成計と連動させることは、とても自然なことです。

タニタ食堂でも有名なタニタは、体重計・体組成計で測定することだけを目的としておらず、トータルで健康なからだづくりをコンセプトとしています。

iPhoneのヘルスケアとタニタの体重計を連動させれば、自分で記録を残す必要もないし、余計なことを気にせずににダイエットを続けていけますね。

>タニタの体重計・体組成計をダイエット目的で比較してみた!

【追伸】楽ぅ~ぅなダイエットの正解を知ってますか?

↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です