何をしても痩せなくてツラい人は... ⇒コチラ

【タニタの体重計】wifi連動でダイエットも健康管理も思いのまま

体重計_タニタ_BC-508_wifi対応_商品キャプチャ

SHARE

ダイエットや健康管理に役立つタニタの体組成計を、もっと便利にもっと簡単に使いたいと思いませんか?

というのも私は、手帳やノートにこまめに記録をつけるというのがとても苦手なもので。

そこで見つけたのが、スマホと連動して測定データを保存できる体組成計です。

タニタの体重計BC-508はwifi対応となっていて、スマホと連動してデータの管理をすることができます

スマホは毎日持ち歩いているので、スマホにデータが保存できれば自分で記録をするという手間が省けるので、とても便利だと思います。

通信形態には他にBluetoothがありますが、タニタBC-508はwifi対応の商品です。

Bluetoothの機種とは何か違いがあるのか、調べてみました。

wifiとBluetoothのメリットデメリット

タニタからは、他にもスマホと連動できる体重計・体組成計が販売されています。

そんな中でタニタBC-508はwifiに対応しています。

タニタの体重計・体組成計とスマホを連動させるためには、Bluetoothかwifiを使う必要がありますが、この2つの違いはなんでしょうか。

Bluetooth型のメリット・デメリット

Bluetooth型は、体重計・体組成計からスマホにデータを送って、スマホからクラウドにてデータを同期します。

Bluetooth型のメリットは、

  • 自宅内でwifiが飛んでいなくても、1人1人のスマホごとにデータの受信ができる
  • アプリを起動していなくてもバックグラウンドで受信ができる

ということです。

またBluetooth型のデメリットは、

  • 接続する機器を選ぶ
  • 体重計・体組成計が近くにないとスマホに受信できない
  • スマホと連動する機能を使う人全
    員がスマホを登録しておかなければならない

ことです。

タニタ体重計・体組成計の近くにスマホがないと受信できませんが、有効範囲は10mくらいなので、自宅内であれば特に問題にもならないと思います。

wifi型のメリット・デメリット

タニタの体重計・体組成計をwifiにつなげば、測定ごとにデータがスマホへ送信される仕組みになっています。

wifi型のメリットは、

  • タニタ体重計・体組成計に乗るだけで測定データを送信してくれる
  • 体重計・体組成計の近くにスマホがなくても大丈夫
  • PCでもデータが確認できる

通信速度も速く、複数の機器と同時に接続でき、大量のデータ通信を得意としています。

一方、wifi型のデメリットは、

  • 初期設定が大変な場合もある
  • データ管理が『Webサービス内のアカウントごと』なので、家族全員のデータが見れちゃう

といった点がありますが、大きな問題ではありませんよね。

タニタBC-508の特徴と機能について

タニタBC-508はwifi対応の体重計・体組成計なので、

  • からだカルテ(有料)
  • healthplanet

という専用サイトに登録して接続の設定を行うと、測定するごとにデータが自動的にサーバに転送されて、データはスマホやPCでいつでも確認することができます。

測定されたデータはグラフ化されるので、食事制限や運動といった日々の努力が客観的に確認でるので、モチベーションを維持できます。

ちなみにタニタBC-508の測定項目は、

  1. 体重
  2. 体脂肪率
  3. BMI
  4. 内臓脂肪量
  5. 内臓脂肪レベル
  6. 基礎代謝
  7. 体内年齢
  8. 体水分率
  9. 推定骨量

と、健康管理に必要な項目がほぼほぼ揃っています。

タニタBC-508以外のwifi対応の機種はあるのか

スマホと連動してデータ管理できる体重計・体組成計のラインナップは多いですが、wifiに対応している機種は少ないようです。

wifiと連動する体重計・体組成計は、実は2009年ごろには発売されていたようです。

しかし、現時点では、最新機種の体重計・体組成計ではBluetooth対応が主流となっています。

そういえば、ワイヤレスイヤホンなどもBluetooth対応のものがたくさんでていますよね。

時代の変化と共に、対応する通信形態も変わっていくのでしょうか?

まとめ

タニタの体重計・体組成計をスマホと連動することで、ダイエットや健康管理、トレーニングの効果をデータ化し推移を客観的に把握することができます。

wifi対応のタニタの体重計・体組成計は、設定さえしていれば測定ごとにスマホにデータを送信してくれるので、自分で記録する手間が省けて嬉しいですよね。

Bluetoothも同じようにスマホへデータを送信できますが、同期するのをついつい忘れてしまいそうなので、私だったらwifi対応のタニタ体重計・体組成計を選んだ方が、続けられるかなと思いました。

>タニタの体重計・体組成計をダイエット目的で比較してみた!

【追伸】楽ぅ~ぅなダイエットの正解を知ってますか?

↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です