何をしても痩せなくてツラい人は... ⇒コチラ

大豆ミートとは?おからとの違いは?ダイエットにおすすめのメリットデメリットまとめ

TVなどでも取り上げられて、今注目度急上昇中の大豆ミート

納豆や豆腐の原材料である大豆100%食品ですから「カラダに良い」ことはなんとなくわかりますが、何がそんなに凄い食材なのか?までは、あまり知られていませんよね。

そこでここでは、大豆ミートのことについて

  • 大豆ミートとは?
  • おからとの違いは?
  • ダイエットにおすすめの理由とは?

などをメリット・デメリットの両面からまとめました。

そして、この記事を読み終えたら、あなたはきっとスグに大豆ミートを買いたくなると思います。

それくらい大豆ミートは

  • ダイエットに不可欠な「高タンパク・脂肪ゼロ」のおすすめ食材

だったんです。

大豆ミートとは?


大豆ミートとは、

  • 大豆からタンパク質を取り出し、繊維状にして加工した100%大豆でできた食品

大豆を大豆ミートに加工する段階で、大豆の油分(脂肪)を圧搾し過熱加圧・高温乾燥して作られます。

このため、

  • 大豆ミートに含まれる脂質の量はとても少ない

のが特徴です。

それでいて、見た目は「お肉」そっくりで、食感や食べ応えもお肉とほとんど変わりません。

大豆ミートとおからの違い


おからは大豆から豆腐を製造する過程で、豆乳を絞った際に残るモノです。

ただし決して重宝されることなく、今ではむしろ捨てられることが多い「カス」として扱われています。

品質の劣化も早く日持ちしないので、食品としての需要はとても低く、お豆腐屋さんでも無料に近い値段で売られたり、家畜の飼料くらいにしか使われていません。

ですから、大豆の油分(脂肪)を圧搾し過熱加圧・高温乾燥して作られる大豆ミートとは

  • 大豆の油分(脂肪)を含んでいるかどうか?

という点や乾燥しているかといった違いはあります。

ですが、どちらも大豆100%食品ですから、もともと含まれる栄養素等に大きな違いはありません。

大豆ミートのメリット

大豆ミートは大豆100%食品ですから、栄養価がとても高く低カロリーです。

納豆や豆腐と同じですから、高タンパク低脂肪という、ダイエットには最適の食材です。

そんな大豆ミートがダイエットにおすすめの理由は次のとおりです。

1.大豆ミートは低カロリー

大豆ミートのカロリーは普通のお肉と比べると、1/2~1/4程度です。
牛肩ロース肉が100g当たり411kcalなのに対して、大豆ミートは約1/4の108kcalですから、ダイエットには最適の低カロリー食材です。

2.大豆ミートは低脂肪

大豆ミートの脂肪は牛肩ロース肉の1/50
それでいて動物性脂肪に含まれる「飽和脂肪酸」は一切含まれていません。
大豆100%だけあって超ヘルシーなのです。

3.大豆ミートは高タンパク

大豆ミートは、お肉の1.5倍のタンパク質が含まれています。
いわゆるソイプロテインパウダーなどは大豆100%ですから、大豆ミートはダイエットに不可欠な高タンパク食材です。

4.大豆ミートはノンコレステロール

大豆ミートには「生活習慣病の原因」と言われるコレステロールが含まれていません。
更にはコレステロールの吸収を抑えて代謝を促す大豆サポニンが、食事から摂った余分なコレステロールを体外に排出して正常値に近づける効果を発揮してくれます。

5.大豆ミートは食物繊維が豊富

大豆ミートは100gあたりキャベツ約3個分の食物繊維です。
一緒に食べたものの脂肪の吸収を防ぎ、排出を促すことで便秘の予防や解消につながり、腸内環境を整えてくれます。

6.大豆ミートは大豆イソフラボンが豊富

大豆ミートは、おからの約5倍の大豆イソフラボンを含んでいます。
大豆イソフラボンは、血流の促進やメラニン抑制作用により、肌荒れ・冷え性・アンチエイジングなどに加え、女性ホルモンの「エストロゲン」に似た働きで、バストアップや女性ホルモンのバランスを保ったり、骨粗しょう症の予防に役立ちます。

7.大豆ミートは様々なビタミン・ミネラルを持つ

そもそも大豆は、三大栄養素のタンパク質・脂質・炭水化物をバランスよく含むほか、カルシウム・鉄分・マグネシウム・亜鉛・マンガン・銅など体内で必要となる様々な成分が含まれています。
更にはビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンKに加え、抗酸化物質として知られるビタミンEが含まれているので、エイジングケアもできます。

8.大豆ミートはグルテンフリー

大豆ミートには小麦グルテンが含まれていませんから、料理過程で小麦を使わなければグルテンアレルギーでも食べられます。

9.大豆ミートは長期保有できる

大豆ミートは常温で約1年間保存ができます。
また食材として加工したあとも、冷めても美味しく痛みづらいのが特徴です。

10.地球環境に優しい

家畜は育てるための飼料や水、そして動物ですからCO2も排出します。
ですから、牛肉1kgを作るためには

  • 15,415リットルの水
  • 飼料などは10kg(大豆に換算)

が必要となりますが、大豆1kgはその10分の1以下の水で作ることができます。

ですから大豆ミートは家畜に比べて、水源の確保や炭素の減少に繋がるという恩恵を期待出来ます。

大豆ミートのデメリット

大豆ミートは植物である大豆100%の食材ですから、デメリットはほとんどありません。

ですが、

  • 農薬問題の危険性
  • 遺伝子組み換え作物の場合の危険性
  • 国産大豆の自給率は7%と低い(平成27年度)

というデメリットはあります。

ちなみに、

  • 平成29年度の国内の大豆需要量は約357万tで、うち国産大豆は約25万t

となっています。

大豆ミートの使い方

市販されている大豆ミートは乾燥した状態ですから、次の2つの工程で食材としていきます。

1.湯戻し

お鍋にたっぷりの湯を沸かし、大豆ミートを入れ弱火で5分ほど茹でます。(乾燥状態から約3倍に量が増えます。)

2.水で洗う

大豆ミートをザルにあげ、ボールの中で丁寧に水洗いをし、ギュッと絞って水切り。
これを水を変えて数回繰り返すと、大豆の香りは抜けていきます。

あとは通常の料理と同じように、下味を付け5分以上馴染ませてから料理に使うだけです。

【まとめ】大豆ミートはダイエットに最適な食材!

このように見ていくと

  • 大豆ミートはダイエットに最適な食材でメリットしかない!

であると言えます。

あとはあなたの、お料理の腕次第。

大豆ミートをおかずにすれば、炭水化物である白米を食べてもOKですから、特にお米大好きな人のダイエット(←わたし)向きです

created by Rinker
¥1,320 (2021/10/24 09:14:49時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です